音楽を聴いて3分無心に踊れば、大概のものは発散できる

投稿日: カテゴリー: Blog, NEWS, プライベートレッスン, ヨガが楽しくない, 四季のヨガ真夏, 男ヨガ, 股関節ヨガ, 骨盤に正しい位置を求めるな

3分無心に踊れば、大概のものは発散できる

もうこの年になると、誰の言葉だったか思い出せないねー。

 

ダンスというのは、よほどの踊り手でない限り、

基本「遠心力」だと思っています。

あ、、よほどのナイスバディもそうか。

なぜここで、遠心力という洗濯機のフレーズをいうのか?

ぜひお付き合いください。

 

 

 

ヨガの1時間くらいの流れの中には、

遠心力の部分、

求心力の部分、

両方が入っています。

 

この遠心力と求心力のバランス次第で

スカッとするヨガにもなるし、

心が気高くなったようなヨガにもなります。

 

このバランスは10人くらいのヨガレッスンなら

全ての方々のバランスをちょっとずつ変えることもできます。

アジャストメントです。

 

7、8月はいつもよりアジャストに回りません。

 

夏は自分の体を思い切り楽しんでほしい!

 

その分前半のペースを上げています。

後半はクールダウン時にくらい気持ちにならないくらい、

「見られる筋」が活動していると思います。

ストレスや不安が、

求心力でカラダを浸食するとすれば、
(あくまで私のストレスのイメージです)

遠心力で飛ばしちゃえばいいね。

特に真夏はスプリンクラーも大活躍!

洗濯機の中に入りたいと思う衝動が、解けましたね!!
(誰もそんな衝動ないですか?あるあるある)

 

 

つまり、ダンスを無心で踊る(3分って途中で自分自身なにやってるんだろうってなる)、その遠心力こそ

 

不安やストレスを遠ざけてくれるんじゃないかな?

ヨガの遠心力、楽しんでいただきたいです。

求心力、ああこれかってきっとわかるよ〜。

 


ヨガ1ヶ月目のときの星野院長。

 

 

 

 

 

 

 

星野院長の夏の日の2018

 

 

 

 

 

エアリアルヨガ ヨガイーストの日程はこちら

7月から8月お盆までは比較的エクササイズ、筋トレ要素の強いヨガとなります。
時々、スロウヨガを行います。

<<<スロウヨガとは?>>>

体の歪みを整え、疲労回復を目的としたゆったりとしたレッスンです。
息切れしない程度の運動量です。