ヨガのきめごと?サイズの大きな話はしない

投稿日: カテゴリー: Blog, NEWS, ヨガが楽しくない, ヨガ初めて, 人生は意味じゃない願望だ, 自分らしさ例, 骨盤に正しい位置を求めるな

ヨガの決めごと?

ヨガ教室に行くと、

みんながみんな同じことを話してくれるので、それがヨガの決まりなのかと思っていました。

 

と、いうお話を聞きました。

 

1。宇宙 もしくは 大地

2。「今」に集中、楽しむ

3。「自分」

 

なのだそうです。

 

私自身は「自分にとってサイズの大きな話はしない」ほうがいいなと思っているため、

 

せいぜい宇宙の話をするとしても、

 

火星探査機の話くらいかなあ。

 

自分にとってサイズがでかいと感じるような大きな話は、

 

話し手の技術が問われますしね。。

 

身近な話しかしないので、スケール小さいなこのひとって思われているかもしれません!!

 

「今」に集中する、「今」を大切に、

 

も、それは前に出てる人がいう言葉ではないような気がして、私の口からはとても話せません。

 

30分や1時間ヨガをするというアクションだけで、

 

十分「今」に集中しているし、「今」を大切にしていると思うからです。

 

この「今」とか「集中」も、私にはサイズが大きすぎて伝えることは難しいですね。

 

「今」に集中しなくてもいいと思っています。

 

体を動かしながら、「これ!昔こうして動かしてた!」とか、

記憶がboogie-woogieブーメランしちゃうのもいいなーと思っています。

 

宇宙に大地、今、集中、忘れる、とか、

真剣すぎて荷が重い。

 

自分と向き合う、とかも

恐れ多いというか、

自分より年上の方もいらっしゃるし、

ここから人生が広がっていく若い方もいらっしゃるし、

そういうのは、身近なヨガスタジオじゃなくて、

 

もっと頭の良い人たちの本を読んだ方がいいようにも感じます。

 

 

 

「骨盤、その愛の物語全12巻」とかのほうが、
私の度量に合ってる。

 

ヨガイーストの話、スケール小さいわ!と思いながら、
このひと世界ちっさ!って思いながら、

ヨガの最中、自分自身というものからすーっと離れてくれたらそれもうれしいしね。

 

つまり、

それらの話は決め事ではありません。

好みだと思います。

 

 

いや、でも、

火星探査機の話は、けっこうそれでもサイズも大きいし、

ロマンがあっていいと思ってるのでまた、1年1回話させてください。

 

またかよー、でたよー、と思う方、

 

探査機の名前、覚えてますか?あれはロマンチックだなと思います。

 

それでは「骨盤、その愛の物語」のほうもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

あの子のところに行こうか戻ろうか、思案する場所。

いやそりゃあやっぱり、家に帰ろうか、、、思案する場所。

 

ヨガイーストのスケジュール http://www.to-eng.com/yogaeast/エアリアルヨガ%E3%80%80四季のヨガスケジュール/