嫌われる勇気の頃を過ぎても

投稿日: カテゴリー: Blog, NEWS, ヨガが楽しくない, 人生は意味じゃない願望だ

嫌われる勇気

お友達とこの話になり、はっとしました。

 

ここ数年は「できれば好かれたい」とおもっている自分に!!

 

古い友人たちもそう言っていて、

 

「嫌われる勇気とか、嫌われたって大丈夫、自分に嫌われないのが一番、って言うけどさ、人生折り返しのせいか、最近は出会った人みんなにいい気分になってほしいとすら思うね。」

 

この方たち、10年前、20年前は堂々と、

「嫌われて、文句言われて、嫉妬されてなんぼよねえ?」

って言ってたし、言い合って笑ってた気がするのに。

 

ロックしてた人たちも、テクノしてた人たちも、ブルースしてた人たちも、

ある時点からみんな愛と平和を語りだすので、

そういうもんなのかもね、と思っています。

 

スタジオのドアを叩いてくれたからには、

楽しい気分で、自分のいいとこみつかったなっていう、

愛に満ち溢れた気持ちでおうちに戻ってほしい、と思っています。

 

 

「嫌われたっていいんだ!」

って強く感じている方は、いま上昇気流の運勢だと思います。その気持ちは大事にして良いと思います。

 

でも、

嫌われていいことなんて何もないよ。

自分のことを嫌いになるくらい無理するなら、他人に嫌われてでも自分の機嫌をとろうだなんて、そんなの言葉遊びだと思うよ。

素敵な人は嫌われない。

どの角度からも、悪口言われないと思う。

 

 

 

そんな気持ちが、あるとき急にせまってきて、

この頃は昔の友達といつも、「愛し愛されたいねえ」と話しています。

 

この世界を去るときも「なんだかんだで、愛に溢れた人物だった」とこの世から旅立ちたいね、と本気で話しています。

 

もしかしたら、勇気がなくなったのかもしれないけれど。

 

もしかしたら、勇気に毛が生えて

 

「嫌いだなんて言わせねえ!」

ってなりはじめてるのかもしれないけれど。

 

でも誰も彼も、口が悪いのは一生なおらないでしょうね。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

え、ら、そ、う!