男ヨガ 肋骨まわりと、肘の動かし方のクセをとる。

投稿日: カテゴリー: Blog, プライベートレッスン, 整体, 男ヨガ

男ヨガの日でした。

もうまもなく2年になろうとする男ヨガ、

からだ工房ホープのほしの院長は、

「僕は動かしたいところが動くようになったんだから、

りかさん、それでいい!そうでいいですよ!」と今日も背中を押してくださっています。

多方面での応援、いつもありがとうございます。

※奥様のプライベートレッスンの様子はまた明日。

いつもクールでなんでもかっこよく泥だらけにならずにサバイバルする奥様にも、ウィークポイントがあり、私は喜んだ、という話です。

 

 

本日のほしの院長は、

肋骨周りと肘の動かし方のクセを取るトレーニングをしていただきました。

先輩、日本においてヨガというものはいまだ馬の骨ではありますが、、、

先輩は、ヨガを受け入れてくれましたね。

ほしの院長が信じてくれたそこに、

自分の自信で色をつけていきたいと思っています。

 

これは肘が過伸展、つまり伸びすぎて壊れやすい肘、

伸びすぎてしまう肘は、腱鞘炎や四十肩の元にもなります。

もっというと、女性の場合は膝痛、股関節痛にもつながります。

 

ほしの院長は見た感じ過伸展ではありませんし、

肘の使い方も、サーフィンをしているので過伸展ふうではありません。

 

が!!!1箇所だけ、過伸展独特の手の動きがあったのです。

 

これでもう、老後も安心、一生現役で好きな仕事で生きていけますね!!

 

私自身は、ロミロミを始めた時に

過伸展を矯正しました。

自分の肘のハイパーエクステンションというものが、

肩や手首に負担をかけ、首の痛みにつながっていた

ことがわかったからです。

私のロミロミスクールを受講されたロミロミセラピストさんは、

肘が違いますよっ。

 

先生、今日も大サービスのエアリアルポーズ、

ありがとうございました!!

男ヨガ、最近は女性的な動きも多くなりましたが、

また夏になるにつれ、男性部分も増やしていこうと思っています。

 

いつもありがとうございます。

藤枝の整体 からだ工房HOPE

患者さんの声